ページ内を移動するためのリンクです。

よくあるご質問:お薬について

スギ薬局グループのお薬に関して、お客さまからよくいただくお問い合わせと回答をご案内しています。解決できない場合は、問い合わせフォームにてご連絡ください。

赤ちゃん・子供の虫刺されに対して一般用医薬品では何が良いですか。

通常の腕や足などの皮膚であれば、「ムヒS」などの抗ヒスタミン剤の入った軟膏や、ウフェナマートのような炎症を抑える作用のある軟膏(「エンクロンUFクリーム」)を使います。あるいは、最も弱い部類のステロイドであるプレドニゾロンやヒドロコルチゾンの入った軟膏を薄く塗っておくと早く直ります。

【解説】
ちょっと蚊に刺されたくらいと思っていても、子供はかゆくて掻きこわしてしまいがちです。掻いたところから菌が入り、「とびひ」などの二次感染を引き起こすことがありますので、かゆみを取り、きちんとした処置をしましょう。虫に刺された後、まれに深刻なアレルギー症状を起こすことがあります。発熱、嘔吐、呼吸困難、意識の薄れ、ショック症状が見られたり、また赤いブツブツや腫れが大きく広がってしまったら、すぐに病院へ連れていきましょう。

【応用知識】
抗ヒスタミン剤入りの軟膏など虫刺されに使える軟膏がない場合、さされたあとすぐに氷などで患部を冷やすことで炎症が抑えられます。また、屋外の蚊などが多い場所に行く場合は、子供用の虫除けを使用して虫さされを予防しましょう。

関連する情報

「お薬」に関するサイト内の記事もご参照ください。

「よくあるご質問」で解決できなかった、疑問、質問、ご相談は、こちらのメールフォームからお問い合わせください。
問い合わせフォーム