ページ内を移動するためのリンクです。

よくあるご質問:お薬について

スギ薬局グループのお薬に関して、お客さまからよくいただくお問い合わせと回答をご案内しています。解決できない場合は、問い合わせフォームにてご連絡ください。

日焼け止め製品のSPFやPAとは何ですか。

SPFとは、「Sun Protection Factor」の略であり、日本語で紫外線防御効果を意味します。PAとは、「Protection Glade of UVA」の略であり、「UVA(紫外線A波)」を防ぐ指標です。

【解説】
SPFの数字が大きいほど紫外線B波(UVB)を防ぐ効果が高く、製品には「SPF15」、「SPF30」といった記載がされています。日本では、SPFの上限を「SPF50+」とするように日本化粧品工業連合会がその測定方法の基準を定めています。PAは「紫外線A波(UVA)」に対する効果により、日本化粧品工業連合会で「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階に分けられており、+の数が多いほど「UVA」を防ぐ効果が高くなっています。

【応用知識】
太陽光には、私たちの目に見える「可視光線」のほかに、「赤外線」「紫外線」「X線」「ガンマ線」などが含まれています。さらに、紫外線はその波長の長さによって「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」に分けられます。紫外線のうち地上に届くのは、「UVA」と「UVB」という2種類の紫外線です。「UVB」はエネルギーが強く、繰り返し「UVB」を浴びることで肌表面の細胞を傷つけたり炎症を起こしたりするので、皮膚癌やシミの原因になります。
「UVA」は「UVB」ほどエネルギーは強くありませんが、表皮を通過して肌の奥の真皮まで到達し、しみやシワ、たるみの原因になったり、肌の老化を早めます。しかも「UVA」は、雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でも対策が必要です。

関連する情報

「お薬」に関するサイト内の記事もご参照ください。

「よくあるご質問」で解決できなかった、疑問、質問、ご相談は、こちらのメールフォームからお問い合わせください。
問い合わせフォーム