ページ内を移動するためのリンクです。

よくあるご質問:お薬について

スギ薬局グループのお薬に関して、お客さまからよくいただくお問い合わせと回答をご案内しています。解決できない場合は、問い合わせフォームにてご連絡ください。

プール熱とはどのような病気ですか。また予防法はありますか。

プール熱は咽頭結膜熱とも呼ばれ、小児に多い病気です。 アデノウイルスの感染で発症し、高熱(38~39度)やのどの痛み、結膜炎などの症状を起こし、1週間ぐらいで治まります。

【解説】
プールで集団感染したことからプール熱と呼ばれるようになりました。
実際には、夏やプールに限らず感染し、感染経路は人の唾液や目やになどを介して感染します。プールでの接触やタオルの共用などで感染することが多く、6月頃から徐々に流行しはじめ、7~8月にピークとなります。
流行時は、せっけんでよく手を洗い、うがいを行います。またプールに入った後には、シャワーを浴びて、洗眼とうがいをして予防します。
家族内に感染者がいる場合は、タオルは各自で使い、洗濯も別々にして日光で干します。また目を触ったり、こすったりしないように気をつけてください。
さらに入浴する際は、最後に入って浴槽のお湯を捨てる必要があります。
特に治療法はなく、症状に対する対症療法がおこなわれ、解熱薬や炎症を抑えるステロイド薬などを使います。
安静にし、高熱や下痢による脱水症状を予防するために水分補給をおこないましょう。

関連する情報

「お薬」に関するサイト内の記事もご参照ください。

「よくあるご質問」で解決できなかった、疑問、質問、ご相談は、こちらのメールフォームからお問い合わせください。
問い合わせフォーム