ページ内を移動するためのリンクです。

よくあるご質問:お薬について

スギ薬局グループのお薬に関して、お客さまからよくいただくお問い合わせと回答をご案内しています。解決できない場合は、問い合わせフォームにてご連絡ください。

夏バテと水分の取りすぎで食欲がないのですが、どんな胃薬がいいですか。

胃苓湯や六君子湯、大正漢方胃腸薬などの漢方製剤をお勧めします。

【解説】
一時的な夏バテや水分の取りすぎ、食欲が出ないなどの症状では、胃自体に病変がないことが多く、制酸剤や胃粘膜保護剤よりも漢方薬の方が症状を改善できると考えられます。
漢方薬を選ぶ際に、体質や胃腸の症状を聞いた上でどれが最適かを判断します。
●胃苓湯:平胃散と五苓散という2つを組み合わせた漢方薬です。
お腹のゴロゴロや胃腸に水分がたまった状態を改善します。体質は中間くらいの方に向いています。
●大正漢方胃腸薬:安中散と芍薬甘草湯という2つを組み合わせた漢方薬です。
普段から比較的胃腸が弱く、暑さや冷たいもの、ストレスなどにより胃が傷き、食後の胃もたれや、腹部膨満感などの症状を改善します。体力のあまりない方に向いている漢方薬になります。
●六君子湯:身体の無駄な水分を取り除く蒼朮や茯苓、吐き気を抑える半夏など全8種類の生薬からなる漢方薬です。
胃腸の動きが悪くなって起こる、胃もたれや不快感、むかつき、吐き気、食欲不振などの症状の改善に用います。やせ型で顔色が悪く、疲れやすい人に向く処方です。

どの商品が合うかは、店舗にて薬剤師または登録販売者におたずねください。

関連する情報

「お薬」に関するサイト内の記事もご参照ください。

「よくあるご質問」で解決できなかった、疑問、質問、ご相談は、こちらのメールフォームからお問い合わせください。
問い合わせフォーム