ページ内を移動するためのリンクです。

こんな症状ありませんか?体臭

薬剤師女性の健康マイスター八木澤恭子

薬剤師 女性の健康マイスター 八木澤 恭子
分野を問わずお気軽にご相談いただける、町のお姉さん的な薬剤師を目指しています

体のニオイはどこからやってくる?

皮膚には汗や分泌物を出す腺が3種類あり、これらのいずれかから臭いが発生します。

エクリン汗腺

汗を分泌する腺で、全身のいたる所にあります。ここから出た汗をそのまま長く放置して雑菌が繁殖すると、いわゆる「汗臭い」の原因になります。

アポクリン汗腺

脇の下など、身体の限られた場所にある腺。ここから出る汗には脂肪分やたんぱく質が含まれているので、皮膚表面の細菌がこれらを分解した時に不快な臭いが発生してしまいます。

皮脂腺

皮脂が分泌される腺。皮膚上で長く放置し雑菌が繁殖すると、強く不快な臭いになることが。

皮膚の断面図

その気になる症状には、こんな原因が考えられます

汗や生活習慣、食事によるもの

汗は、かいた直後はそこまで気にならなくても、時間が経つと雑菌が繁殖するため不快な臭いに変わってきます。また身体の皮脂も同じで、長時間洗い流さないと雑菌が繁殖。皮脂腺からニオイの元が発生します。
食べ物が原因で考えられるのは、肉類や乳製品の摂りすぎ。アポクリン汗腺や皮脂腺を刺激するために体臭が強くなってしまうのです。さらには甘い物の摂りすぎも中性脂肪が増え、汗腺や皮脂腺を刺激するため体臭の元に。

症状に気付いたら?

汗をかいたらその日のうちにシャワーや入浴で皮膚を清潔にすること。汗や皮脂による臭いは洗い流すことで防げるので、気になる方は毎日入浴が基本。すぐに洗い流せない外出先では制汗剤が便利です。下着や衣類もこまめに取り替えましょう。
肉類が多い食生活や香辛料、お酒、タバコなどは汗腺を刺激するので摂りすぎには注意。穀物や野菜、魚介など、和食よりの食事に切り替えることで体臭の度合いは変わってきます。

加齢臭

実は人に言われて気づくことが多い加齢臭は、いわゆる中高年特有のニオイ。「自分の枕が臭う」ことで自覚することもあります。原因は、40才を過ぎると"ノネナール" という物質が増加するためと言われていて、男性のほうが臭いやすいとも言われます。
また、歳をとると若い頃と比べて代謝が低下するので、皮脂腺から出る脂肪酸が酸化しやすくなったり皮膚に残りやすくなるのも加齢臭の原因と考えられます。

症状に気付いたら?

皮脂を残さないためには、その日のうちにシャワーや入浴で洗い流すことが基本。
脂肪やたんぱく質の多い食事、タバコ、アルコールを控え、規則正しい生活を心がけることも老化予防のためには大切です。
加齢臭には、老化予防にも有効とされる抗酸化物質を摂るのもおすすめ。ポリフェノールを多く含む緑茶やブルーベリー、大豆食品を積極的に食べましょう。

ワキガ

ワキガは独特の強烈な臭いが特徴ですが、こちらも加齢臭と同じように自分で気づくというより人から指摘されてわかることが多いようです。ワキガはアポクリン腺から出る分泌物や汗が多い場合や、アポクリン腺の数自体が多い体質の方に多いようです。一般的な汗や皮脂による臭いよりもガンコなため、治療が必要な場合も。心配な方は自分でセルフチェックをしてみましょう。

セルフチェック
症状に気付いたら?

ワキガの度合いが強く、深刻な場合は外科的治療で不要なアポクリン腺を取り除くこともできます。その際は皮膚科や美容整形外科を受診してください。
日頃から脇の下を清潔に保つことは徹底し、脇毛は剃っておいたほうがよいでしょう。脂肪分の多い食事や肉中心の食生活は避け、制汗剤も専用の強力タイプを使いましょう。

ワンポイントアドバイス
  • 頑固なニオイや汗ジミには酸素系漂白剤がオススメ!
  • 毎回のお洗濯に洗剤と一緒に入れて洗うだけ
  • ニオイや汗ジミがひどい場合は、洗剤と酸素系漂白剤を入れたぬるま湯(40℃以下)に30分~2時間程度漬け置きしてから洗うと効果的です!