ページ内を移動するためのリンクです。

2014年11月11日 掲載

目の不快症状について薬剤師が解説

薬剤師 健康マイスター 渡辺典子

そのお悩み、私がお答えします!/ 薬剤師 健康マイスター 渡辺典子

私たちが起きている間、目はずっと物を見たり文字を読んだりと、フル活動しています。それだけに、病気まではいかなくても不快な症状に悩まされることも。目薬を上手に味方につければだいぶラクになるはずですよ。自分の原因や症状にあった目薬の選び方、いま一度こちらでチェックしてみてくださいね。

日常で起こりがちな目の不快症状

日常で起こりがちな目の不快症状の例

そのまま放っておくとどうなる?

●視力の低下・・・目の疲れが続くと、目のピントを調節する筋肉がこるので、視力低下を招いてしまいます。

●全身症状・・・疲れ目から頭痛や肩こり、吐き気など目以外の場所に症状が出る場合もあります。

身近に潜む、眼の不快症状の原因

①スマートフォンやパソコン

スマートフォンやパソコン作業に長時間集中していると、目のピント調節が一点に固定されてしまいます。
その結果、疲れやかすみ目は乾燥の原因になってしまいます。

そして自覚はなくても意外な悪影響を及ぼしているのが、パソコンやスマートフォンから発している「ブルーライト」。この光がさまざまな目の不快症状を作りだしていることが多いのです。

目の大敵、ブルーライトって何?

波長の短い青色の光。光のエネルギーが紫外線に一番近く、目の奥にある網膜を傷つけるほどの強さです。そのため長時間浴び続けると目に負担をかけることになります。

【ブルーライトが強い機器】
  • ・スマートフォン
  • ・ゲーム機器
  • ・パソコンの順
【ブルーライトの影響】

目のピント調節に負担がかる他、乾燥や炎症、かゆみ、充血にもつながることもあります。

アドバイス

ブルーライトをカットできるメガネ、ブルーライトをカットできるスマートフォン用の保護フィルム、目薬など活用しながら、電気機器とうまく付き合っていきましょう。

ブルーライトは網膜を傷つけるほどエネルギーが強い!
ブルーライトは網膜を傷つけるほどエネルギーが強い!

②乾燥

乾燥した環境にいると当然目が乾き、涙も出にくくなります。涙は外の環境から目を守るクッションの役割と、小さなゴミなどが入りやすくなるバリアの役割を持っています。乾燥はドライアイになるだけでなく、異物が入って傷つきやすくなったり、ゴロゴロや異物感の原因にもなってしまうのです。

③生活習慣

身近に潜む、眼の不快症状の原因

運転

運転中は視線が一点に集中しているため、まばたきも減りがちに。それがドライアイや疲れ目となります。

コンタクトレンズを長時間つけている

コンタクトレンズは目の水分を吸収するため、長時間つけているとレンズに水分を奪われ、乾燥してしまいます。
またケアを怠るとたんぱく質などの汚れがたまり、充血やゴロつきの原因になります。

メガネの度数が合っていない

メガネの度数が強すぎても弱すぎてもNG。度数が合わないメガネだと目に負担がかかり、疲れてしまいます。

④アレルギー

かゆみや充血が続く時はハウスダストや花粉症、動物のアレルギーが原因かもしれません。

⑤その他

まつげなどの異物が入る、ものもらいや結膜炎などの病気になっている時は目の不快症状が現れます。

簡単でいて見落としがち?目を健やかに保つには

目に休息時間を作ってあげましょう

現代は仕事やライフスタイルで目を酷使しがち。起きている時も休ませることを意識してみましょう。

目に休息時間を作ってあげましょう

目を右左・上下に動かしたらグルッと回転させて「眼球体操」を。
目のピント調節をする筋肉のコリがほぐれます。

日中でも目を閉じ、お休みさせましょう。
※アイマスクをするとより効果的です。

たまに遠くを眺めることは、目のストレッチ代わりになります。

パソコンやスマートフォンを長時間使う場合は、
1時間おきに5~10分の休憩を。


目に負担をかけない日常生活をおくりましょう

目に負担をかけていないか、日々をちょっとふり返って見直すだけでも不快症状は軽減できます。

目に負担をかけない日常生活をおくりましょう

加湿をして目の乾燥を予防。
加湿器をつける、ぬらしたタオルを室内にかける、
エアコンの風に直接当たらないようにする、目薬をさすなど。

疲れ目が続いたら、メガネの度数をチェック。
できれば定期的に度数を測るようにする。

帰宅したらできるだけコンタクトレンズを外す習慣を。
レンズはつけている時間が短いほど目への負担は軽くなる。

充血や疲れ目が気になる時はホットマスクや
蒸しタオルで目を温めて血行をよくし、筋肉のコリをほぐす。

ビタミン、ミネラルのバランスがとれた食生活は
目の健康を保つためにも大切。

目に負担をかけない日常生活をおくりましょう
薬剤師 健康マイスター 渡辺典子

乾燥対策で一番大切なのは自分に合った製品を選ぶことです!

目薬には使用期限があるのを知っていますか?防腐剤が入っていても、期限が過ぎても使い続けているとかえって目のトラブルを招くこともあるので、まだ残っていても処分してくださいね。また、コンタクトレンズをつけている時は、必ずコンタクトに対応してるものを選んでください。
最近の研究から、涙は油層・水層・粘液層の3層で出来ており、ドライアイはその涙の構造や成分が異常になったものと言われています。涙目のドライアイもあることが判ってきました。市販の目薬で改善しない場合は必ず眼科を受診して下さい。