ページ内を移動するためのリンクです。

こんな症状ありませんか? - 夏の冷え性

薬剤師 女性の健康マイスター 市川 莉絵

そのお悩み、私がお答えします!  / 薬剤師 女性の健康マイスター 市川 莉絵

職場の冷房が効きすぎて辛い、むくみが気になる、体調もいまひとつだし、夏バテかな…と思っている方。
それは夏ならではの冷え性かもしれません。
この季節だけだからとガマンせず、日常の中で冷やさない工夫を取り入れてみてくださいね。

夏の冷え性ってどんな感じ?

いくつかの症状があてはまれば、夏の冷え性が考えられます。
その症状を放っておくと・・・

その症状を放っておくと・・・

胃腸機能が低下し、便秘や下痢、倦怠感、食欲不振などさまざまな不調に悩まされ、夏バテを引き起こす原因にもなります。
また、ひどくなると夏場だけでなく1年中冷えを感じ、血行不良やホルモンバランス、自律神経の乱れにつながり、様々な体調不良を引き起こしてしまいます。

夏の冷え性には、こんな理由が考えられます

①冷房による冷え

特に真夏など、冷房の効いた室内と暑い室外の温度差で自律神経のバランスが乱れがちに。その乱れによって毛細血管が収縮し、血行が悪くなることで冷えを感じるようになります。また、デスクワークなどで1日中冷房の冷気にさらされていると、当然体を冷やし続けることになります。

症状に気づいたら?

症状に気づいたら?

服装や室温に気をくばりましょう

冷房の温度設定は25℃~27℃を目安に調節することをおすすめます。湿度が低いほど過ごしやすくなるので、温度だけでなくドライ機能にも目を向けてください。いくら暑くても、キャミソールやショートパンツなど薄着ばかりでいては体を冷やす原因に。「外にいる時はちょうどいいけど、室内だとこれじゃあ寒い…!」というのもよくあるパターンです。室内用に、はおりものやブランケットを常備したり、温熱シートのような体を温めるアイテムを利用して冷やさない工夫を。

症状に気づいたら?

症状に気づいたら?

自律神経のバランスを整えましょう

入浴はシャワーで済ませず、できればお風呂に浸かって体を温めてください。お湯の温度は38~40℃ぐらいにして、腕は外に出してみぞおちぐらいまで浸かる半身浴がおすすめです。バケツなどにお湯を張り、足湯をするのも。
手軽な方法として、自律神経のバランスを整えるのに実践したいのが腹式呼吸。鼻から息を吸う時にお腹をふくらませるようにして、吐く時は吸った時の倍を目安にゆっくりと吐き出します。リラックス効果もあるので、疲れや冷えを感じたらぜひ試してみてください。


②体を冷やす食生活

暑い時はつい冷たい飲み物を摂りすぎてしまいがちですが、これも体を冷やす原因。水などの飲み物はできるだけ常温で飲むようにしたいものです。また、夏野菜の中には意外と体を冷やしてしまうものがあります。

症状に気づいたら?

症状に気づいたら?

体を温める食品を摂りましょう
ビタミンEを多く含む食品

ナス・キュウリ・トマト・レタスなどは体を冷やす夏野菜。なるべく火を通して温野菜でいただくようにしましょう。
血流を促して冷え改善によい食べ物はビタミンEを含む食品。トウガラシも体を温めるのに適した食材です。

症状に気づいたら?

症状に気づいたら?

筋肉量をつけてめぐりのよいカラダを作りましょう

筋肉は体全体に血行を巡らすために欠かせません。筋肉量があるほど体のポンプ機能がスムーズに働き、冷えにくい体になれるといえます。体全体の筋肉の約70%は下半身についているので、ジョギングやサイクリングなど下半身を使う運動が効果的です。運動する時間がない方でも、階段の上り下りを増やしたりスクワットをするなど、生活に取り入れられることから始めましょう。これは夏の冷え性に限らず、年中冷えに悩まされる方にも知っておいてもらいたいことです。

冷え性に効くツボで、いつでもどこでも血行対策

仕事の合間に

強めに押したり引っぱって、指先が温まるまで続けてみましょう。

仕事の合間に

バスタイムやお風呂上りに

三陰交はくるぶし内側から指4本分上に、海はひざ内側から指2本分上にあります。強めに押すのがポイント。

バスタイムやお風呂上りに

強めに押したり引っぱって刺激を。

バスタイムやお風呂上りに

市川 莉絵

楽しめる運動で冷えない毎日を!

実は私もかなりの冷え性で、夏場は体調を崩しがちでした。週に1~2回、フラダンスのレッスンに通いはじめてからは症状もだいぶ改善されたので、運動は自信を持っておすすめしたい改善法です。自分が楽しめる運動ならストレス解消や体質改善にもつながります。まずは腹式呼吸も身につけて、運動や呼吸がどれだけ血行促進によいかを体感してみてくださいね。