ページ内を移動するためのリンクです。

じんましんの治療薬

薬剤師
女性の健康マイスター
八木澤 恭子

じんましんの症状

蚊に刺されたような赤いふくらみやブツブツが表れ、かゆくなります。範囲がだんだんと広がったかと思うと、数時間後には跡形もなく消えてしまうことがほとんどです。症状が一ヶ月以上くり返す場合は慢性蕁麻疹(まんせいじんましん)と思われます。 また、ごくまれにまぶたや唇がはれる、気道や腸の粘膜がはれる、息苦しさや下痢などの症状を併発することもありますので、その際は早急に医療機関での診察が必要です。

じんましん

じんましんはこうして起きる!

じんましん発症のメカニズム

じんましん発症のメカニズム

体内にアレルギーとなる物質が入ると、細胞はそれを異物とみなし、ヒスタミンなどの化学物質を大量に放出します。それによって血管が膨張し、血液中の水分が血管の外へ滲みだします。

結果、皮膚上に赤みやかゆみが出るのがじんましんの発生メカニズム。表面上にできるものでも、実は内部の異変が原因なのです。

じんましんと湿疹の違いって?

じんましん

皮膚の下の血管から水分があふれ、水溜り上になった状態がじんましん。
アレルギー物質が体内に入ってきた時に、化学物質ヒスタミンが放出されることで症状が表れます。

湿疹

皮膚の上で起きる炎症。一度できるとなかなか消えにくく、特にかぶれによる湿疹はまず原因物質をつきとめることが第一です。塗り薬での治療が一般的。

症状

じんましんの原因

アレルギーによるもの

アレルギーとなる物質は人によってさまざまですが、体の中でその物質を異物とみなしてしまうと、上記の図のようなメカニズムでじんましんが発生します。

  • 食べ物

    魚介類、肉類、卵、乳製品、
    穀類、野菜、食品添加物など

  • 植物・昆虫

    イラクサ、ハチなど

  • 薬剤

    抗生物質、解熱鎮痛剤、咳どめなど

非アレルギーによるもの

アレルギーが原因ではないじんましんは、かゆみがない場合もあります。

  • 物理的刺激

    摩擦(下着や服がすれることによる)、圧迫(バッグの持ち手になどによる)、
    熱さ(温熱じんましん)、寒さ(寒冷じんましん)、振動(マッサージ器などによる)

  • その他

    ストレス、血液疾患、発汗

じんましんの治療薬と予防策

症状に気づいたら?

「これを食べるとじんましんが出ることが多い」「この植物に触れてからじんましんが出た」など、思い当たることがあればいいのですが、不明の場合は医療機関で調べることもできます。ただ、医療機関でもなかなか特定が難しいのがじんましんのやっかいな所。体調によって左右される場合もあるので、3つの原因要素のうち何か1つを取り除くという考え方で治していきましょう。

薬を上手に使いながら、日常生活にも気をくばる

どんな原因にもかかわらず、じんましんの症状を抑えてくれるのが薬。抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬等は、薬局でも購入する事が出来ますので、一度薬剤師にご相談下さい。また、医師の診察を受けると症状に合わせて、その他にステロイド薬なども処方される場合があります。
また、体調を整えて免疫を高めるサポートとしては、抗酸化サプリもおすすめです。

3つの条件が重なった時じんましんは発生しやすい!
日常で心がけたい、じんましん予防策
じんましんの予防策 心がけたいこと
食べ物に神経質になりすぎない じんましんが出ることを気にしすぎると、かえってストレスになり
悪化してしまう場合もあります。
規則正しい生活に 疲労や睡眠不足は免疫を下げてしまうのでじんましんの引き金に。
自覚しづらいかもしれませんが、ストレスも大敵です。
かゆい時はかかない工夫を かくと余計に悪化するのがじんましん。かゆい所を冷やしてかゆみを抑えたり、
寝る時は手袋をはめるなど、かきすぎを防止する工夫を。
刺激物はなるべく避ける トウガラシ、アルコールなどの刺激物、古い油、油を大量に使う揚げ物は、
じんましんが出やすい人、出ている時は避けたい食品です。