ページ内を移動するためのリンクです。

2014年2月26日 掲載

妊娠高血圧症候群を薬剤師が解説

薬剤師 女性の健康マイスター  徳永美佳

そのお悩み、私がお答えします! / 薬剤師 女性の健康マイスター 徳永美佳

近年、働く女性が増え、高年齢出産やストレスなどの影響もあり、妊娠中期の高血圧症状が増加しています。
あまり自覚がなく、これまで血圧が正常だった人でも1~2日で突然症状が出ることも。特に初めて出産される方は予備知識や対策を前もって知っておきましょう。

妊娠高血圧症候群とは

日本産科婦人科学会は、「妊娠高血圧症候群」を「妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる場合、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないもの」として定義しています。妊娠中毒症という病名を廃止して、高血圧に焦点を絞った病名を2005年に新たにつけました。
症状が出やすいのは妊娠8ヶ月以降の後期で、約1割程度の妊婦さんが発症します。妊娠中期などに早めに発症した方が悪化する傾向があり、重症になると母子共に大変危険な状態になりますので見落とさないようにしてください。

高血圧症候群の症状

悪化すると母子ともに生命の危険に関わる場合があるので注意が必要です。

お母さん
  • 脳出血
  • けいれん発作
  • 肝臓や腎臓の機能障害
  • 出産前に正常な胎盤がはがれる、赤血球が壊され血小板が減少。ともに生命の危険大。
赤ちゃん
  • 発育が悪くなる(胎児発育不全、低出生体重児)
  • 酸素不足で心拍に異常が出る
  • 出産前に死亡

妊娠高血圧症候群の原因・なりやすい人の傾向

はっきりとした原因はいまだにわかっていません。ですが、妊娠15週までに胎盤の血管が正常に作られず、赤ちゃんへ酸素や栄養を無理に流そうとすることで高血圧を引き起こすと考えられています。

img-trend

妊娠高血圧症候群の治療法と予防法

治療法

受診が基本です。軽症の場合は食事のカロリー制限、1日7~8g以下の塩分制限が中心となります。重症であれば安静はもちろん入院の必要も。状態に合わせた点滴治療となります。妊娠期間を終えて出産することが最も治療になるため、母子の状態によっては帝王切開で早めに出産するケースもあります。

予防と対策

1 妊婦健診を定期的に受ける

妊婦健診を受けていれば、血圧や諸症状の異常が医師によって診断されます。経済的になかなか妊婦健診を受けられないという方は健診費用の助成金を利用しましょう。妊娠したらまずはお住まいの市や区の保健所に行って母子手帳をもらいますが、その時に助成金の確認や相談をするとよいでしょう。

2 しっかり休養と睡眠をとる

疲労やストレスは血圧を上げる原因に。できるだけ精神的にリラックスできる環境に身を置くことを考えましょう。

3 体重をコントロールする

食べ過ぎは高血圧の原因にも。妊娠中は体重が増加しますが、自分のBMI(肥満度)を計算し、増えすぎないようにコントロールしてください。また運動不足にならないように、家事も自分のできる範囲でおこないましょう。

BMIについて
BMIの計算方法
体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI
何kgまでなら体重が増えてもOK?
■ BMI18.5未満 ‥‥ 9~12kgまで
■ BMI18.5~25未満 ‥‥ 7~12kgまで
■ BMI25以上 ‥‥ 医師により個別に対応

4 バランスのよい食事を

塩分の摂りすぎは高血圧のもと。塩分は1日10g以下に抑えることが望ましいとされています。加工食品やファーストフードはできるだけ控え、麺類の汁も全て飲みきらないようにしてくださいね。

img-care
薬剤師 女性の健康マイスター

血圧測定や健康相談はお気軽にスギ薬局へ!

スギ薬局店舗の調剤待合室では血圧測定が可能なので、いつでもお気軽にいらしてくださいね。
また、管理栄養士による食事のアドバイスや健康に関する相談会を定期的に無料で開催しているので、こちらもぜひご利用ください。



店舗やお問い合わせフォームで、もっと相談する

店舗をさがす
お近くのスギ薬局グループのお店を検索できます。
お問い合わせフォーム
あなたの疑問・質問にメールでお答えします。