口内炎|スギ薬局グループ お客さまサイト

ページ内を移動するためのリンクです。

こんな症状ありませんか? 口内炎

管理栄養士 女性の健康マイスター  大村奈緒

そのお悩み、私がお答えします! / 管理栄養士 女性の健康マイスター 大村奈緒

一度できてしまうとやっかいなのが口内炎。痛みが強いと食べることや会話さえ辛く、日常生活に支障をきたしてしまいます。くり返すことも多いので、治し方だけでなく普段からできる予防法も知っておきたいものです。

その気になる症状にはこんな原因が考えられます

アフタ性口内炎

口内炎の中で最も一般的なのがこのアフタ性口内炎。表面が白っぽくなりくぼみができ、周囲が赤くなり痛んだりしみたりするものです。頬の内側、唇の内側、歯茎、舌など口内の粘膜であればどこでも発生します。原因もさまざまですが、いずれも細菌が繁殖することが引き金。たいていは1~2週間で治ります。

アフタ性口内炎ができる原因

口角炎

口角の炎症によって口の両端が切れたり、ただれてしまっている状態。
口内とは違って見た目も気になり、亀裂すると口を開けるのも辛いもの。原因は口内炎とほぼ同じですが、唇をなめる癖がある人にも起こりがちです。

その他の口内炎

ヘルペス性口内炎

ヘルペスウイルスが原因でできる口内炎。唇に症状が出た場合には口唇ヘルペスと呼ばれます。

 

カタル性口内炎

入れ歯や矯正器具、火傷等で粘膜に刺激を受けたり虫歯や歯周病、ウイルス性の風邪で発症。口内の粘膜が炎症で赤くなり、腫れて斑点ができたりひび割れを起こすことも。

ウイルス性の口内炎の場合は、市販薬を使用することで症状が悪化する場合があります。判断が難しい場合は医師または薬剤師にご相談ください。

症状に気づいたら?

再発を防ぐためには食事や生活習慣で改善を!

原因にもよりますが、くり返しできやすい口内炎は栄養素不足や免疫の低下を改善することで予防につとめましょう。睡眠をできるだけしっかりとり、口の中を清潔に保ち、ビタミンB群をはじめとするビタミンを積極的に摂ってバランスよい食事を心がけたいものです。少しでも早く治したい場合は貼付薬もあるので、詳しくはスギ薬局でご相談ください。

日頃から摂りたいおすすめ食品はコレ!

トマト

口内炎対策によいとされるビタミンB2、ビタミンCが豊富に含まれています。

ハチミツ

ビタミンB群が豊富でゆるやかな殺菌効果も。炎症が起きている時はハチミツを水で薄めてうがいするのもおすすめです。

ダイコン

日頃から食べるのもよいですが、炎症がある時はダイコンのおろし汁でうがいをすると痛みや腫れをやわらげるといわれています。

ナス

熱を冷まし、炎症による痛みや腫れを鎮めてくれるとされています。