ページ内を移動するためのリンクです。

子どもへの薬の飲ませ方

薬剤師 女性の健康マイスター 土井亜希子

そのお悩み、私がお答えします! / 薬剤師 女性の健康マイスター 柴原 絵里

お子さんの初めての発熱や風邪。病院で処方せんの薬が出たけれど、さて、どうすれば嫌がらずに飲んでくれるの?今回は子どもへの上手な薬の飲ませ方や、服用のポイントをご紹介。大人とは違う、子どものお薬事情をちゃんと理解してあげましょうね。 与薬によって、せっかく摂取したミルクや食事を嘔吐するようでしたら、摂取の前に与薬するのもコツです。

子どもに初めて薬を飲ませるのですが、どうすればうまく飲んでくれますか?

粉状の薬の場合

①少量の水で練る

小皿に薬を出したら水を2~3滴たらし、練って耳たぶ程度の固さにします。

②ほおの内側、上あごにつける

練った薬をほほの内側か上あごのどちらかにつけます。味覚が鈍感な所なので飲み込んでくれるでしょう。

③水などを飲ませる

唾液だけでも自然に飲み込めますが、薬の苦味を口の中に残さないようにするにはお水を。

手を清潔に洗います 粉薬を水で練り 口の内側に塗ります
粉薬の主な種類は4つ
  • ・ドライシロップ
  • ・散
  • ・細粒
  • ・顆粒

液状の薬の場合

①ボトルを軽く振る

薬の成分が底にたまっていることもあるので、ボトルをゆっくりと上下逆さにして中身を均一にします

②薬を量る

ボトルを平らな場所に置き、指定された量をはかり取ります。

③スポイトやスプーンで飲ませる

乳児であれば、哺乳瓶の乳首を先に吸わせておき、その流れで薬を飲ませても。

④水などを飲ませる

薬の苦味を口の中に残さないようにするにはお水を。

最初はちゃんと飲んでくれたのに、近頃は嫌がるようになってきて・・・。何かよい方法、ありますか?

食品に薬を混ぜる

牛乳、ヨーグルト、ジュース、プリン、アイスクリーム、ジャム、チョコレートシロップなど、子どもが好きな甘いものがおすすめ。ただし、主食に混ぜる場合は医師の指示を受けた場合を除き、基本的には避けましょう。味に違和感を覚えて、主食を受けつけなくなってしまうこともあります。また、薬の成分が変質してしまう可能性もあるので、熱い食品に混ぜるのも避けましょう。たくさんの量に混ぜてしまうと薬を飲みきれないことがあるので、一度に飲める量の中に混ぜましょう。ただし、薬によっては相性の悪い食品がありますので、必ず薬剤師にご相談ください。

おくすりゼリーに混ぜる

苦い薬を包み込むことでスルリと飲みやすくするゼリー状のオブラートが便利です。小児の場合は飲みこむ力(嚥下機能)がまだ発達しきれていない場合もあるので、使用は離乳中期(7ヶ月頃)以降にしましょう。薬によっては効果が弱まったりかえって苦味が増すこともあるので、味の選び方については薬剤師に相談を。

大きめのスプーンにおくすりゼリーを乗せ、その上に薬を乗せて包み込むようにおおってから飲ませます。

症状がおさまってきたら、薬を飲ませるのを止めても大丈夫ですか?

子どもに飲ませるのが大変で、症状が軽くなると服用させるのを途中で止めてしまうケースがよく見れらます。ですが、薬は医師の指示通りに使うのが基本。鼻水止めや咳止めのように症状がなければ止めていいもの、熱冷ましのように症状が出た時だけ飲むもの、抗生剤や予防薬のように症状が消えても一定期間飲まなくてはならないものなど様々です。中でも細菌感染による病気は、症状が消えても体内から細菌が完全に消えるまで薬を飲むことが重要。中途半端に止めると症状がぶり返したり、抗生剤が効かない細菌を生み出してしまう恐れも。子どもに飲ませる前に、医師や薬剤師に薬の内容を聞いておくことが大切です。

市販薬の飲み方で注意することって?

日頃から店頭でよくご相談を受けるのが「大人用の薬でも、半分の量に減らせば子どもに飲ませても大丈夫?」「あと数ヵ月で7才になるんだけど、上の子と体重も変わらないし7才からの薬を飲ませてもいいですか?」という内容です。子供は体が大きいと、大人と変らないぐらいなように感じますが、肝臓や腎臓などの内臓はまだまだ未発達な状態で、薬を分解する力や排せつを行う力も弱いのです。体格や体重で判断せずに、適用年齢はきちんと守って安全に使ってください。 もしも、年齢や用法容量、使用上の注意を守っていたにもかかわらず重篤な副作用が起きてしまった場合には、医薬品副作用被害救済制度が適用される場合があります。お薬の使い方に迷った時は、自分で判断せずに必ず医師や薬剤師にご相談くださいね。
薬剤師 女性の健康マイスター 土井亜希子

薬が苦手なお子さんこそ、お薬手帳が役立ちます

いつ、どこで、どんなお薬を処方してもらったかを記録しておく「お薬手帳」。薬の飲み合わせや過去にもらった薬などの情報がまとめて管理できるので、副作用が気になるお子さんもこの1冊があれば安心です。飲みにくかったお薬や服用した後の状態などを記録しておけば薬剤師から飲ませ方やお薬のアドバイスもしやすくなるので、ぜひ活用してくださいね!