ページ内を移動するためのリンクです。

痔の薬を薬剤師が解説

薬剤師
女性の健康マイスター
野口 朋美

痔には3つのタイプがあります

痔核

内痔核

肛門内部のイボ。痛みはあまりないが排便時に出血することも。

外痔核

肛門外部のイボ。悪化すると激痛を伴うことも。

裂肛・痔ろう

通称「切れ痔」。硬い便や、激しい下痢の勢いで肛門の皮膚が切れてしまった状態。痛みや出血があるため排便が辛く、かえって便秘を増長させてしまうことも。

通便の大腸菌などの細菌による化膿が原因で、膿が外に出て肛門内部にトンネルのような穴ができた状態になる。肛門周囲から膿が出て、発熱を伴う。悪化した場合は外科手術が必要。

痔の症状の原因

便秘・下痢

便秘に悩む人は、なんとか排便しようとついいきみがち。その圧力でうっ血して痔核ができてしまいます。また便秘は硬い便になることが多いため、肛門周辺を傷つけて裂肛の原因に。
下痢の場合は、勢いよく排便するので肛門に負担がかかり、痔核や裂肛の原因となります。さらに下痢の便は肛門院窩と呼ばれる肛門内の小さなくぼみに入りやすいため、そこで細菌が化膿すると痔ろうを引き起こしてしまうのです。

症状に気付いたら?

まずは原因となる便秘や下痢を改善すること。下痢は原因もさまざまですが、食生活の見直しやストレス対策も大切。整腸剤を使って腸環境をコントロールするのも予防策のひとつです。

うっ血

肛門周辺がうっ血すると痔核の原因に。
同じ姿勢を長時間続けることで起きやすく、例えばデスクワーク等で座りっぱなし、長時間立ちっぱなしの状態が続くと血流が悪くなりうっ血してしまいます。またアルコールや香辛料、辛い食べ物等の刺激物も肛門周辺をうっ血させることがあります。

症状に気付いたら?

仕事や状況によって長時間同じ姿勢でいなければならない時でも、できるだけこまめに体勢を変える工夫をしてみてください。デスクワークの方は、たまに少し腰を浮かせるだけでもおしりにかかる圧力を軽減させることができます。
血流を促すためには、シャワーだけで済ませずゆっくり湯船に浸かったり、身体を冷やさないようにする習慣も身につけましょう。

妊娠・出産

妊娠中は下半身がうっ血しがちで、お腹が大きくなると肛門周辺が圧迫されて負担がかかり、便秘にもなりやすい状況に。
また出産時はとにかくいきまなくてはいけないので、これもまた痔の原因となります。

症状に気付いたら?

妊娠中は基本的に薬が飲めません。
便秘等の症状が気になる時でもまずは産婦人科の先生に相談してください。

薬剤師女性の健康マイスター野口朋美

痔に効果のある市販薬をご紹介します。薬を塗って1~2週間ほどたっても症状が改善しない場合は、他の病気の可能性もあるので、肛門科で診察してもらうことをオススメします。