ページ内を移動するためのリンクです。

吹き出物について薬剤師が解説

女性の健康マイスター

薬剤師
梶本 英梨子

病気の時でも未病の時でも、あなたのかかりつけ薬剤師として、なんでもご相談下さい。

大人の吹き出物とは?

私たちが最初に出会った吹き出物は、思春期にできたニキビ。これは、過剰な皮脂の分泌が原因なので、皮脂ケアを行っていれば防げるものです。しかし、大人になってもできる吹き出物は、肌の新陳代謝の低下やストレス、ホルモンバランスなど、さまざまな原因を抱えています。スキンケアだけでは解決できない吹き出物もあります。吹き出物が出る場所で、その原因をある程度推測することができます!

部位別吹き出物の原因

    ブツブツが現れる場所による、それぞれの原因を以下に示します。

部位別の原因

吹き出物はもし放っておくとこんなに怖い!

思春期の場合、大人の場合、いずれの場合でも吹き出物は放っておいて治るものではありません。女性ホルモンの分泌の変化や、ビタミン不足、便秘、ストレスなどの生活の変化が原因の吹き出物は、肌に跡が残りやすく、肌表面がボコボコになる可能性があります。また、ビタミンが不足していることでシミとして定着しやすくなることも。スキンケアやシャンプーなどの切り替えの場合、洗い残しが原因の場合は、徐々に顔全体に湿疹が広がっていくこともあります。内臓機能が低下している場合には、吹き出物が病気のサインとも言われ、病気を悪化させないためにも、サインが出たら早めに医師に診てもらことをお勧めします。

吹き出物がでやすい時期(黄体期)のグラフ

吹き出物は体の中から改善できる!

ビタミン補給が重要です。吹き出物の主な原因はビタミンA、B群の欠乏によるものです。ビタミンBは水溶性で体外に排出されやすい為サプリメント等で補い、ビタミンAは日常の食物で補う事が出来ます。そして、炎症を抑える作用のあるビタミンCやビタミンE、パントテン酸や亜鉛を摂るようにしましょう。また、便秘も吹き出物の原因となるため、積極的に食物繊維を摂ることも必要です!

吹き出物は医師に相談することも大事

吹き出物くらいで病院に行くなんて…と思わずに、深刻な状態に陥らせないためにも皮膚科に行くことをお勧めします。飲み薬や塗り薬が処方されることがあります。また、女性ホルモンによる吹き出物の場合には、女性ホルモンをととのえる薬剤が処方されることがあります。医師の指示どおり適切に服用して下さい。

吹き出物予防のポイント