ページ内を移動するためのリンクです。

しもやけの薬を薬剤師が解説

菅田 久美子

そのお悩み、私がお答えします! / 薬剤師 女性の健康マイスター 菅田 久美子

初冬や春先などになりやすいのがしもやけ。実は平均気温5℃前後で、朝晩と日中の気温差が10℃以上の日が続くと起きやすくなるのです。赤く腫れ、痛みやかゆみをともなう不快な症状は、子供だけでなく大人の女性にも急増しているそうです。「今年の冬もまたか…」と悩まされないためにも、対策を考えておきましょう。

しもやけってどんな症状?

血行が悪くなりやすい手足の先や、冷たい外気にさらされる耳たぶや頬などにできやすいのがしもやけ。赤く腫れ、ジンジンとした特有の感覚と痛みがあり、暖かい場所に入るとかゆみが強くなります。
似たような症状にひび・あかぎれがありますが、これらは皮膚表面の乾燥による炎症なので、しもやけのようにかゆみはありません。

樽柿型( たるがきがた )手足が熟れた柿のように真っ赤になり、腫れあがってしまうタイプ。
多形紅斑型( たけいこうはんがた )赤い発疹ができ、しこりや水疱ができる場合も。大人に多い。

しもやけの症状を放っておくと…

悪化すると赤紫色になって出血したり、水疱が破れてあかむけたりします。これを一般的に「しもやけがくずれた」といい、慢性化して治りにくくなったり跡が残ることもあるので、くずれる前の治療が肝心です。

しもやけの症状には、こんな原因が考えられます

気温差や冷えで発症率がアップ!

しもやけは、冬場の寒さで血管が収縮して血行が悪くなり、うっ血や炎症を起こした状態。特に末梢神経は血行のコントロールがしにくいため、手足の先はしもやけになりやすい箇所なのです。女性の場合、特に気をつけたいのが冷え。お洒落のために寒い時でも薄着でいたり足先を圧迫する細身のパンプスやブーツを履いていると、血行不良でしもやけになる場合が。

また汗をかいたり靴の中がムレると、乾いた時に皮膚表面の温度が下がり、冷えてしもやけになることもあります。

なる前に防ぐ!しもやけは、あったか対策が一番

赤くなったりかゆみがある程度ならば軟膏で治せますが、破れてくずれてしまったら病院で治療するしかありません。
備えあれば憂いなし。まずは温めて予防することが第一です。

防寒対策を

皮膚が冷気にあたらないよう、手袋や靴下、イヤーマフで防寒することが基本。
裸足のままで靴を履くとムレた後に冷えてしまうので気をつけましょう。

血行をよくして冷やさない

しもやけになりやすい方は体質的に冷え性の傾向が見られます。
寒さが厳しくなる前から身体全体を温め、血行をスムーズにさせる工夫をしましょう。

いつもより少しぬる目のお湯で、ゆっくりお風呂に入りましょう。日中ならば手足だけの温浴もおすすめ。ただし、濡れた状態が続くと冷えるのでタオルでしっかり水分をふき取りましょう。

すでにしもやけになっている時は、患部だけをマッサージするとかえって痛みやかゆみが悪化するので、全体的に。くずれてしまったらマッサージは禁物です。

菅田 久美子

大人になってから季節を問わずしもやけのような症状が続くようであれば医療機関で受診をしてください。

膠原病は、免疫の異常で血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症を起こす病気です。その中でも皮膚に起きるエリテマトーデスという病気はしもやけのような症状が見られます。また、寒さによってしもやけ症状を起こすレイノー現象という症状もあるので、大人になってから季節を問わずしもやけのようなが続くようであれば医療機関で受診をしてください。