ページ内を移動するためのリンクです。

春から夏にかけての赤ちゃんの虫よけ

春から初夏、梅雨時期は要注意!

ユスリカは、春から初夏にかけて発生し、河川や湖のそばで集まって飛び回り「蚊柱」を作ります。蚊に似ていますが血を吸うことはありません。一方チョウバエは蛾のような見かけで、排水溝など汚れた水のあるところで発生します。家庭でも台所やお風呂場などの水周りに見られることがあるんですよ。

虫よけのポイント

まずは虫をよせつけない工夫を

お家の中では

虫が入らないように網戸をしっかり閉めて。洗濯物は虫がついていないかよく確認し、軽く払ってから取り込みましょう。

赤ちゃんがいるお部屋では、スプレータイプの殺虫剤の使用は控え、お部屋に置く芳香タイプの虫よけ剤がおすすめです。

お外では

薄手の長袖やズボンなどでお肌の露出は極力おさえ、ベビーカーには日よけのホロをかけましょう。ベビーカーにつける虫よけカバーもおすすめです。

不快害虫が発生しやすく寄ってきやすい水溜りや水場、夜間の街灯などの光の近くには長居しないように!

害虫は天然ハーブの香りに弱い

ユスリカやチョウバエなどの不快害虫は、天然ハーブ系の香りが苦手で、その香りのするところにはよりつきにくくなります。赤ちゃんの虫よけ剤は、天然ハーブの芳香系のものがおすすめです。

お出かけのときは赤ちゃん専用の虫よけ剤を

不快害虫は気になるけれど、直接お肌につける虫よけ剤は赤ちゃんのお肌への影響が心配というママが増えています。最近ではお肌に直接つけない、ベビーカーやベビー服などに貼るシールタイプや、霧状の薬液をベビーカーやベビー服に吹きかけるタイプなどの赤ちゃん専用の虫よけ剤があります。ベビーカーやベビー服から虫が苦手な天然ハーブ系の香りを発することで、赤ちゃんの周りに虫をよせつけにくくしています。

“ディートフリー”って?

皮膚につけるタイプの虫よけ剤に含まれていることが多い「ディート」は、害虫などの忌避剤として最も一般的な化合物。研究などから人体に重大な影響を及ぼすことはないとされていますが、使用における注意やお子さまへの使用の目安が定められおり、特に生後6ヵ月未満の赤ちゃんにはディート含有品は使用できません。

「ディートフリー」は生後6ヵ月未満の赤ちゃんにもお使いいただける「ディート不使用」のことをさします。

赤ちゃんの虫よけ剤 ※ユスリカ、チョウバエなどの不快害虫の虫よけ

シールタイプで手間なく広い範囲に

ピジョン 虫くるりん シールタイプ  24枚入り

【使用目安】1回につき6ヵ所程度
【持続時間】約6時間 
※使用環境により異なります。

服やベビーカーに貼るだけ。虫が嫌うといわれている天然ハーブの精油を染みこませたシールです。シールから持続的に天然ハーブの精油が蒸散し、虫が寄りつきにくくなります。

さわやかなかんきつ系の香り。

楽しい3つの動物イラスト入り。お得な大容量タイプもあります。

この商品について、詳しくはスギネットショップへ

ミストタイプでシュッと一吹き

ピジョン 虫くるりん 布用ミストタイプ

【使用方法】洋服やベビーカーなど布製品に20~30cm離してスプレーしてください。
【持続時間】約3時間※使用環境により異なります。

お肌に塗らずに虫からベビーを守る、布製品専用のミスト。

服やベビーカーに吹きかけるだけで虫が寄りつきにくくなります。虫が嫌うといわれている天然ハーブの精油と食品用原料成分でできています。

さわやかなかんきつ系の香り。除菌もできます。

この商品について、詳しくはスギネットショップへ

つり下げタイプでお部屋の中やおでかけ先でも

ピジョン 虫くるりん  つり下げタイプ 虫よけ  45日用×2バッグ

【使用目安】約90日間
※使用環境により異なります

ベビーベッドやベビーカーに手軽に取り付けできる、つり下げタイプの虫よけ。お部屋に置いても使えます。

天然精油(シトロネラ)と天然植物由来の忌避成分(除虫菊エキス)のダブル効果で、不快な虫から赤ちゃんを守ります。赤ちゃんにやさしい、穏やかなかんきつ系の香り。

開口部を調節できるスライドバーつきで、香りの強さを変えられます。

この商品について、詳しくはスギネットショップへ

ウェットティシュタイプでふくだけ簡単

ピジョン カユネード虫よけ 30枚入

防除用医薬部外品
ディート配合量:7%
【使用方法】1日1回
※顔には使用しないでください

薬液が飛び散らない、ウェットティシュタイプの虫よけです。ふくだけで、蚊・イエダニからお肌を守ります。

1回の使用で、5~8時間虫よけ効果が持続。お肌にやさしいモモの葉エキス配合(うるおい成分)。

無着色・無香料

この商品について、詳しくはスギネットショップへ

嫌な虫からしっかり守るには

お出かけ前にはしっかり虫よけ対策をして、外出先でも使えるミストタイプやシールタイプなども持ち歩くと安心です。
つり下げタイプも一緒に使うと、より効果的ですよ。

肌に直接塗るタイプの虫よけと日焼け止めを一緒に使う場合は、日焼け止めを塗って肌が乾いてから、虫よけを塗ってあげましょう。
虫よけ剤に配合される「虫が嫌う成分」の邪魔をしないようにするためです。
手や首などの肌が露出する部分も忘れずに!



店舗やお問い合わせフォームで、もっと相談する

店舗をさがす
お近くのスギ薬局グループのお店を検索できます。
お問い合わせフォーム
あなたの疑問・質問にメールでお答えします。